LOGIN

New Customer? Sign up

OUR PEARLS

  • White South Sea Pearls
  • White South Sea Pearls

White South Sea Pearls

オーストラリア、インドネシアなどで養殖された白蝶貝から採れる大粒のパール。

母貝となる白蝶貝はアコヤ貝よりも大きい為、アコヤ貝では難しい10mm以上の大珠が産出される。母貝にはシルバーリップとゴールドリップの2種類あり、主にオーストラリア産のシルバーリップからはすっきりとした白色系のパールが多く、インドネシアなどで養殖されるイエローリップからは黄みがかった白色のパールが多く採れる。サイズは8mm~20mmくらいまであり、特に15mm以上の大きなサイズの珠は産出量が少なく希少性が高い。

PEARL HOUSEでは白蝶パールのラウンド珠からドロップ珠、ケシ珠まで、様々な形を取り揃え、品質を厳選のうえ使用しております。

  • Golden South Sea Pearls
  • Golden South Sea Pearls

Golden South Sea Pearls

白蝶パールの中でもゴールドリップと呼ばれる白蝶貝から採れるイエロー・ゴールドカラーのパール。

主にミャンマー、インドネシア、フィリピンなどで産出され、きれいな濃い色のゴールドカラーのパールは白蝶パールの中で出現率が非常に少ない。ゴールドリップの白蝶パールはシルバーリップに比べひと回り小さくなるので、産出されるサイズは主に8mm~17mmくらいまでとなります。

PEARL HOUSEでは白蝶ゴールデンパールのラウンド珠からドロップ珠、ケシ珠まで、様々な形を取り揃え、品質を厳選のうえ使用しております。

  • Tahitian Pearls
  • Tahitian Pearls

Tahitian Pearls

黒蝶パールはタヒチ、クック諸島などの南太平洋海域で養殖される黒蝶貝から採れる、深い色合いが魅力のパール。

色が豊富で濃いブラック系の色からグリーン、ブルー、レッド、シルバーなど多彩な色を帯びたカラーバリエーションを持ちます。黒蝶貝は白蝶貝よりも小さく、産出されるサイズは主に8mm~16mmくらいとなり、特に大きなサイズで濃い色味の物は母貝のサイズが小さい事が相まって採れる量が少ない。

PEARL HOUSEでは黒蝶パールのラウンド珠からドロップ珠、ケシ珠まで、様々な形を取り揃え、品質を厳選のうえ使用しております。

  • Akoya Pearls
  • Akoya Pearls

Akoya Pearls

日本の三重、愛媛、熊本、長崎などの海で養殖されるアコヤ貝から採れるアコヤパールは、四季に恵まれた日本の寒暖差ある海水温の影響を受けて育つ為、キメの整った深い光沢を持って生まれてきます。他の養殖パールに比べ真円に近い球形のものが多く、サイズは2mm~10mmくらいまでとなる。近年では小さいサイズや10mmを超える大きいサイズの物は産出量が少なく希少性が高い。

PEARL HOUSEではアコヤパールの品質を厳選のうえ使用しております。

日本語 ja